地方の国公立大学より都会の私立大学を選ぶべき!

地方の国公立大学より都会の私立大学を選ぶべき!

進学先に迷っている受験生「よく学校の先生には国公立に行けと言われるけど、実際のところ地方の国公立大学と都会の私立大学ってどっちがいいの?」

 

そんな疑問を解決します!

 

●本記事のポイント

✔︎ 都会の私立大学が断然オススメ

✔︎ 学費が安いのは地方の国公立大学

 

この記事を書いている僕は、現在、上智大学に通う3年生です。つまり、都会の私立大学に通っている人間ということになりますね。

僕が通っていた田舎の高校は、国公立志向が強く、地方の旧帝大に落ちた人が都会の私立大学に進学するのがふつうでした。

しかし、大学に入学してから3年。成人式で同級生に再会すると、地方の国公立に通う大学生は「大学つまらない」、都会の私立大学に通う大学生は「大学楽しい」と言い、見事に二極化していたのです。

学校の先生やまわりの声にただ流されて地方の国公立大学を受験しようとしている皆さん。

この記事を読んだあと、自分の志望校についてよく考え直してみてください!

 

地方の国公立大学も都会の私立大学も教育の質は変わらない

まず先にお伝えしておきたいのは、大学でどれだけ多くのことを学べるかは、大学により決まるのではなく、自分の取り組み次第で決まるということ。

私立大学よりも国公立大学の方が研究施設が整っている。それは事実かもしれませんが、その環境をどう活かすかは学生次第です。

もし教育レベルが高いから地方の国公立大学に行きたい、教育レベルが低いから私立大学は嫌だという軸だけで迷っているなら、そのほかの観点からも両者を比較してみることをオススメします。

都会の私立大学をオススメする理由① プライベートの充実度が違う

東京には本当にたくさんのモノがあります。

テレビで話題のグルメ。SNSで人気急上昇中のスイーツ。最新のファッション。世界中から人々が集まるイベント。

大学生という多感な時期にそれらを経験できることは大きなメリットです。

いざ社会人になってから上京しても大学生ほどの時間はありません。むしろ人混みや満員電車など負の側面ばかり味わうことになるかもしれません。

僕も田舎出身ですが、大学進学を機に上京してから、食べたいもの、行きたいところ、着たい服など何かあればすぐに手に入れられるようになりました。

都会の私立大学をオススメする理由② アルバイトの時給が高い

田舎のアルバイトの時給といえば平均800円くらいですよね。田舎にいるときはそれが当たり前でしたが、上京して愕然としました。

東京都の最低賃金は985円。ほとんどのバイトの時給は1000円を超えます。

僕は大学1年生のときから個別指導塾のアルバイトをしているのですが、時給は1600円。地方ではありえないですよね。

東京は物価が高いから結局は同じだと思われがちですが、そんなことはありません。

都会と田舎で大きく変わるのは家賃だけ。家賃を自分で負担している大学生はほとんどいないですから、ただただ自由に使うことができるお金が増えるだけです。

また、東京は求人数がとても多いため、様々な職種のアルバイトを経験することができるのも魅力のひとつです。

都会の私立大学をオススメする理由③ 美男美女が多い

私立大学の方が美男美女が多いというのは本当だと思います。

青山学院大学や立教大学といった私立大学のミスコンのレベルの高さは有名で、毎年10月ごろになると大学生のSNSは賑わいます。

大学生の本分は勉強。その通りです。

ただ、せっかくだったらプライベートも充実させたいですよね。サークルやアルバイトでたくさんの人脈を作って、たくさん遊ぶことも大切です。

僕は上智大学の3年生ですが、いまだに学校のメインストリートを歩くたびに上智生は可愛いなと思うし、友人たちも同じことを言っていますね。

都会の私立大学をオススメする理由④ 就活が有利に進められる

大学は地方の国公立に通って、就職を機に上京しようと考えている受験生の皆さんも多いことと思います。

しかし、実際に地方の国公立に通っている学生が東京で就職活動をするにはかなりのお金と時間がかかります。

また、国公立は私立よりも就活に有利と学校の先生から言われているかもしれませんが、真っ赤な嘘。それは地元を中心に地方で就職する場合だけです。

東京に就職する場合は関係ありません。むしろ東京の企業には東京大学や慶応大学、上智大学といった東京にある大学出身の人が多いです。

旧帝大に進んだら就職は余裕で死ぬまで人生安泰。そんなのは昔の話。

高卒でもフリーランスや起業家として活躍する人が増えている今、ただ学歴を得るために大学に通っても大した意味はありません。

地方の国公立大学のメリットは学費の安さ

地方の国公立大学にも魅力はあります。

それは「学費の安さ」です。

国立大学と私立大学の学費の差は4年間で約200万円。一人暮らしの家賃も考慮すると、4年間で約350万円の差があります。

親に大学に通わせてもらう以上、お金の問題は重要です。

国公立大学に落ちてしまった場合に私立大学に通うのは仕方なくても、できれば国公立大学に通って欲しいという親も多いと思います。

奨学金を借りるというのも手段のひとつですが、こればかりは自分だけで決めることができる問題ではありません。

もし話し合いをしても折り合いがつかない場合は、地方の国公立大学に通うという選択肢も大いにありだと思います。

自分の志望校を見つめ直そう

●ポイント

✔︎「地方の国公立大学」と「都会の私立大学」では都会の私立大学のほうがオススメ

✔︎ オススメ理由は「プライベートの充実度が高い」「アルバイトの時給が高い」「美男美女が多い」「就活が有利に進められる」の4点

✔︎ 地方の国公立大学のメリットはとにかく学費が安いこと

 

今回は都会の私立大学の魅力についてお伝えしました。

これまでなんとなく地方の国公立大学に進もうと考えていた人に考え直すきっかけを与えられれば幸いです。

何より重要なのは周りに流されず自分の軸で判断すること。

たくさんの情報を元に自分の意思で後悔しない志望校選びをしてくださいね!

大学生活カテゴリの最新記事