個別塾講師アルバイト教え方のコツ4選

個別塾講師アルバイト教え方のコツ4選

●個別塾講師の指導のコツは?

●生徒の成績を上げるにはどうしたらいいの?

そんな疑問を解決します!

この記事を読めば、個別塾で生徒の成績を上げる指導のコツについて理解することができます。

なぜなら、この記事を書いている僕は3年間にわたり個別指導塾のアルバイト講師を務め、数々の生徒の成績を向上させてきたからです。

この記事に書いてある内容は、どんな講師でもすぐに実践できるものになっています。

この記事を読んだあと、これからご紹介する4つのコツを授業に取り入れてみてくださいね!

生徒の成績を上げるコツ4選

  1. 生徒のモチベーションを上げる
  2. なんでも教えすぎない
  3. 生徒が主役であることを意識する
  4. 宿題は具体的に出す

僕が考える「生徒の成績を上げる指導のコツ4選」はこちらです。

これを意識しながら指導するだけで、どんな生徒でも成績を上げることができます。

ひとつずつ解説していきますね。

生徒のモチベーションを上げる

塾講師に最も重要なスキルは「生徒のモチベーションを上げること」です。

新米講師は指導スキルばかりを求めがちですが、どれだけ上手に解説しようと、生徒のモチベーションなくして生徒の成績は絶対に上がりません

A:地頭はいいが、やる気がない生徒

B:地頭は悪いが、やる気がある生徒

成績が伸びるのは間違いなくBの生徒です。

まずは「どんな教え方をするか」よりも「どうすれば生徒のモチベーションが上がるのか」について考えてみましょう。

生徒のモチベーションを上げる方法は簡単で、ひたすら生徒の話を聞いてあげることです。

学校での出来事や習い事、趣味、なんでもいいので生徒の話を聞いてあげましょう。

この先生は自分の話を聞いてくれると信頼を得ることにより、次第に生徒も話を聞いてくれるようになります。

生徒のモチベーションが上がったら、あとは丁寧にわかりやすい解説をするだけです。

なんでも教えすぎない

新米講師にありがちな失敗の1つが「なんでも教えすぎ」です。

先生の肩書きにつられ、あれもこれも教えてしまうと生徒の成績は上がりません。

講師の仕事は、「生徒が自分の頭で考えるための手助けをすること」と心得ましょう。

授業では理解できていたはずなのにテストでは点数が取れないという悩みがよくあります。

生徒の復習が足りないなんて責任転嫁しがちですが、実際にはそもそも授業の段階で理解できていなかったのです。

なぜこんなことが起こるのかといえば、生徒が自分の頭で解答を導き出すのではなく、講師が解答を与えてしまっているから。

常に生徒自身の頭で考えて解答を導き出すことを習慣にしましょう。

「生徒が主役」を意識する

個別指導塾では特に目の前の生徒が主役であることを意識しましょう。

これまで学校生活の中で集団授業に慣れてきた私たちは、授業の主役は発言量の多い先生にあると無意識のうちに考えています。

しかし、個別指導塾は違い、講師と生徒の発言量が3:7くらいが理想です。

初めは難しく感じるかもしれませんが、生徒からの信頼を得た上で、発問を多く投げかけることを意識すれば案外できます。

ただ一方的に解説するだけの授業なら集団塾で充分、個別塾ならではの価値提供をしてあげられるといいですね。

宿題は具体的に出す

「英語構文演習」p12~15

こんな宿題の出し方をしていては生徒の成績は絶対に伸びませんよ。

授業だけに気合いを入れて、宿題の出し方を軽視している講師がたくさんいます。

しかし、宿題の出し方は授業よりも大切です!

なぜなら生徒が授業を受けている時間より宿題をしている時間の方が遥かに長いからです。

せっかくあなたの素晴らしい授業により生徒がその場では理解できたとしても、宿題の質が低ければ、定着には繋がりません。

「授業時間になにを教えるか」に加えて「授業がない時間になにをやらせるか」を意識してみましょう。

目の前の生徒1人のために宿題を考えることができるのもまた、個別塾ならではの価値提供です。

例えば、こんな出し方はどうでしょう?

「英語構文演習」p12~15

①ノートに1回解く

②間違った問題はテキストに記をつける

③間違った問題のみ解き直し

④リスニングCDで発音練習

⑤来週の授業で確認テスト

(合格点80点)

この一手間をかけるかどうかで生徒の成績の伸びはグッと変わります。

また、宿題で学習した内容の定着度を測ることができるミニテストを用意することで授業の理解度を可視化することがオススメです。

生徒の成績を上げよう!!

  1. 生徒のモチベーションを上げる
  2. 一度にたくさん教えすぎない
  3. 生徒が主役であることを意識する
  4. 宿題は具体的に出す

今回は「個別指導塾で生徒の成績を上げるコツ」について解説しました。

どれも指導スキルに関係なく、すこし意識するだけで実践できるものばかりですよね。

集団塾ではなく個別塾だからこそ提供できる価値を考えると、個別塾講師としてよりレベルアップできること間違いなし。

ぜひ、今回ご紹介した4つのコツを実践して、生徒を志望校に導いてあげてくださいね!

大学生活カテゴリの最新記事