サークルをやめたいのにやめられない大学生へ

サークルをやめたいのにやめられない大学生へ

サークルをやめたいのにやめられない大学生「最初は楽しかったサークルだけど、なんだか最近はつまらない…本当はやめたいけど、やめてから先輩とか同級生と気まずくなるのは嫌だし、ボッチになるのも怖い…どうすればいいんだろう?」

 

そんな疑問を解決します!

 

●本記事のポイント

✔︎ サークルを楽しいと思えないなら絶対にやめるべき

✔︎ つまらないのに続けるサークルは時間と金の無駄

✔︎ サークルを続けても就活には無意味

 

この記事を書いている僕は、大学に入学してから1度もサークルに所属したことがない上智大学の3年生です。

「サークルやめたい」と言いながらやめずに続けている大学生は、いつもつまらなそうです。大学生活を充実させるために所属したサークルに苦しめられているのは非常にもったいない。僕はサークルに所属していないけれど、友人も恋人もちゃんといます。

今回は、サークルをやめたいならばやめるべき理由をお伝えしようと思います!

この記事を読んだあと、サークルをやめるべきかどうかもう1度考えてみてくださいね!

 

サークルをやめたいならやめるべき理由① 時間がもったいない

大学生の4年間は社会人になるまでのとても大切な準備期間です。

ただ漠然と過ごしているとあっという間に時間は過ぎていきますが、本当にもったいないですね。

これからサークルに費やすであろう時間を読書や専門分野の勉強などほかのものに使うことを想像してみてください。

きっとたくさんの本を読んで、豊富な知識が手に入れることができるはずです。

僕はサークルなんて入らずに勉強だけしろなんてことが言いたいわけではありません。

もちろん遊びも大切で、遊びから学ぶこともたくさんあります。ただ、それは自分に意欲があって能動的に活動した時の話。

やる気もなく受動的にサークルに参加しているくらいなら、大切な恋人と過ごす時間を増やしたり、親友とご飯に行く約束をしたりしたほうがよっぽど自分の人生に糧になるはずです。

サークルは義務ではありません。自分がやりたくないと思うのならやめていいんです!

サークルをやめることは逃げではなく、もっと大学生活を充実させるためのステップと前向きに捉えるようにしてみましょう!

サークルをやめたいならやめるべき理由② お金がもったいない

会費や合宿費、交際費などサークルにはなにかとお金がかかりますよね。

サークルが心から楽しくて参加しているならそれらの出費は大学生活を豊かにするために必要な投資だと思います。

しかし、もしもサークルがつまらないと思っているならば、サークルに投資する金はすべて無駄だと言わざるを得ません。

中には、サークルが忙しいせいでバイトに入ることができないという貧乏学生もいると思います。

忙しい時間の合間を縫って稼いだお金をつまらないサークルに捨てていてはもったいないです。

もっと自分が楽しいと思えるものに投資しましょう。それが必ずしも勉強に関するものである必要はありません。

僕なら「本を買う」「友人とご飯に行く」「無印良品グッズを買う」「カラオケに行く」「競馬に行く」とかですかね。

サークルをやめたいならやめるべき理由③ 就活に影響はない

サークルをやっていないと就活に不利なんてよく言いますが、嘘です。

サークルに入っても就活がうまくいかない人なんて山のようにいます。逆にサークルをやっているせいで学業が疎かになって就活に不利になる可能性すらありますよね。

学生時代に頑張ったこととしてサークルの話を挙げる人がいますが、面接官からするとそんな話はとっくに聞き飽きています。

「サークル」「バイト」「ボランティア」「留学」は面接官が聞き飽きているエピソードベスト4です。

これらが絶対にNGというわけではありませんが、よっぽど面接官の興味を引きつけることができる内容でなければなりません。

サークルがつまらなくてやめたいと思いながら最後まで続けた大学生がそんなエピソードを持ち合わせているとはとても思えません。

サークルをやっていた方が就活に有利だから嫌だけど続けようと考えているのならばやめてしまいましょう!その忍耐は無駄に終わる可能性が高いです。

それならば、すぐにサークルをやめて、ほかに自分が打ち込めることを見つけてみましょう!そのほうがよっぽど就活に生きる経験が積めると思います。

まとめ:とにかくまず行動

サークルをやめたいならやめちまえ。そんなに簡単な話じゃないことはわかります。

ただ、行動して失敗することを恐れるよりも、なにもしないことを恐れましょう。行動すれば絶対に何か変わります。

行動するというのは必ずしもサークルをやめることを意味するわけではありません。

サークルを続けるメリットやサークルで出会った仲間の大切さを再実感して再びサークルに意欲的に参加するのも立派な行動です。

まずは一歩踏み出してみてから、もう1度考えてみてもいいのではないのでしょうか?何も行動せずにあとから後悔することだけは避けたいですね。

 

 

 

 

大学生活カテゴリの最新記事